データ収集から戦略の提案まで…スポーツはAIによって進化するのか

スポーツにさまざまなテクノロジーが取り入れられているのは今では常識だ。

サッカーでは、2014年のブラジルW杯で、映像技術を用いて審判のゴール判定を補助する「ゴールライン・テクノロジー(Goal-line technology)」が導入された。最近では欧州サッカー連盟(UEFA)も導入している。

高精度のテクノロジー、「誤審」問題の解決へ

ゴールライン・テクノロジーのひとつである「ホークアイ(Hawk-Eye)」システムは現在、サッカーやテニスをはじめ、クリケット、ラグビー、バレーボール、野球、アイスホッケーなどなど、数多くの競技で実用されているという。サッカーのゴールライン判定において、その誤差は平均で1.77mm(2015年当時)というのだから、驚きの精度だ。

米バンク・オブ・アメリカ(BOA)と英オックスフォード大学の研究チームは、今後10年以内にロボットが代替する職業を分析した報告書を発表しており、そこでは「スポーツの審判がロボットに置き換えられる確率は90~100%」とされた。

たしかに審判が人からロボットに変われば、誤審は減るだろう。それが常識となれば、試合に負けた選手や監督が誤審を言い訳にすることはできなくなるかもしれない。

AI×スポーツのヴィジョンと現実

テクノロジーの導入が著しいスポーツ界では、人工知能(AI)の有効な活用にも注目が集まっている。

米半導体大手・NVIDIAのブログ記事「AIがプロ・フットボール・コーチのアシスタントへ」(2016年9月12日付)は新たな試みを伝えている。オレゴン州立大学のコンピューター・サイエンスの教授であるアラン・ファーン(Alan Fern)氏は、試合のビデオとAIを利用してコンピューターにフットボールを理解させ、指導できるよう学習させているという。

現実には「ビデオだけに基づいてフィールド上の22人の選手をすべて追跡する作業にも苦戦」していたそうだが、ファーン氏は同記事で次のように述べている。

<NVIDIAのTesla K80 GPUアクセラレータとCUDAプログラミング・モデルを採用しました。これにより、NFLの『22人全員』のビデオ内で選手を追跡して、試合を理解するためのディープラーニング・アルゴリズムの開発を進めています>(同記事より引用)

また、ネットメディア「ログミー」の「2017年現在、AIはなにができるのか? 資産管理からスポーツ選手のフォームの矯正まで、実例を紹介」(2017年3月14日付)という記事では、アメリカで行われた「SXSW 2017(サウス・バイ・サウスウェスト)」のインテルによるセッション「AI: How Tech’s Next Revolution Will Change Lives」についてまとめている。それによると「インテルのAIは(中略)野球選手のスウィングフォームを身体的な表現に変換して分析する」といい、会場では一般的なスマートフォンを用いてAIシステムのモーション・キャプチャの働きを紹介したそうだ。AIが選手のパフォーマンスの向上に役立つ可能性を具体的に示してくれたわけだ。

スポーツにおけるAI活用のステップは、①データ収集、②パターン分析、③シミュレーションと考えられている。前出のファーン氏の例を見ればわかる通り、現状はデータ収集の段階なのだろう。

具体的なアドバイスをするAIも登場

それでも、具体的な提案やアドバイスをするAIも少しずつ登場している。

PGAツアー日本公式サイトの記事「アーコス、ゴルフ界初の人工知能を採用したプラットフォームを発表」(2017年5月24日付)によると、アーコス・ゴルフ社は人工知能を採用した「アーコス・キャディ」を発表。マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「アジュール」と機械学習機能を利用して、コースに適したゲーム戦略を提案してくれるという。アーコスのシステムを利用したゴルファーは平均で2.77ストローク、ハンディキャップを向上させることができたというだけに、今後の展開が期待されている。

また、「NIKKEI STYLE」の「AIとスポーツの融合 カギは『レジェンドの知』継承」(2017年2月6日付)によると、全日本女子バレーボールチームはリオ五輪の試合中、10台ほどのデジタル端末を使用しており、監督やコーチはiPad上で試合や選手のプレー内容に関する統計数値を確認。選手の調子などを見て、選手の交代などの判断材料にしていたという。さらに2年ほど前からは、機械学習を取り入れて、相手チームのセッターがどのあたりにトスを上げるかを予測させている。予測を基に、監督は選手に指示を出しているという。

AIの提案する判断や理論がどれだけ優れたものであったとしても、選手や監督がそれに本気で取り込むかどうかは別の話だろう。審判のロボット化においても、拒否反応を起こす頑固なファンがいるのが現状だからだ。

人間が主役であるスポーツにおいて、AIがどこまで踏み込んでもいいのか。そんなことを真剣に議論するような未来が迫っている。