レシピ解析やナレーションまで…気になるAIアプリ続々登場

AI(人工知能)を使ったアプリと言えば、「Siri」や「Google Now」など、音声アシスタントが真っ先に思い浮かぶ。これは友達や家族と会話するようにスマホ端末にしゃべりかけると、AIが適切な検索結果や情報を教えてくれるというもの。加えて、一部のアプリではユーザーの行動を管理・サポートしてくれる機能も搭載されている。昨今、こうしたアプリの会話処理能力は着々と向上しており、スマホライフに欠かせないものになっている。

市民権を得はじめたファッション検索AIアプリ

一方、ユーザーが気になった服をAIが調べて情報を伝えてくれるアプリ(以下、ファッション検索AIアプリ)も、徐々に市民権を得ている。スマホアプリランキングサイト「Appliv」内の「AI(人工知能)搭載 アプリランキング」コーナーでは、ファッション検索AIアプリのトップとして「PASHALY(パシャリィ)」がランクイン(2017年7月26日付)していた。

PASHALYの特徴は、服やアクセサリーを撮影してアプリに送ると、似たようなアイテムを自動的に探してくれる。また、その製品、もしくは類似品が販売されているECサイトなども知らせてくれる仕組みとなっている。あまり数がない限定品や、珍しい形状のファッションアイテムを探す際は非常に便利と言えよう。

なおファッション分野のAIアプリとしては、日本ではカラフル・ボード社の「SENSY」の知名度が高い。これは、AIがユーザーに合ったコーディネイトをおすすめしてくれるというアプリだ。ただユーザーの評価が、同記事執筆時点で5点中1.5点と低評価にとどまっているのは少し気になるところだ。ユーザーの多くが「通信エラー」や「強制終了」に不満を漏らしている様子だが、アプリとして商用化するためには、AIの精度以外にも、ユーザービリティの向上が必須と言えそうだ。なお、カラフル・ボード社はユーザーの味覚・感性を学習し、趣向に合ったお酒を提供してくれる「SENSYソムリエ」も展開している。2017年7月からは「クラフトビール版」も提供開始されており、その成否に注目が集まっている。

画像からレシピをひもづけるAIアプリ…MITが着手

料理×AIアプリと言えば、MIT(マサチューセッツ工科大学)のコンピュータ科学・人工知能研究所がテスト版を公開している「Pic2Recipe」も興味深い。これは、AIを使って画像解析をするという仕組みこそはPASHALYなどファッション検索AIアプリと同じだが、その適用範囲が料理なのだ。Pic2Recipeには、料理の写真データを入力すると、その料理にまつわるレシピを教えてくれる機能が搭載されていて、別名「食品認識アプリケーション」とも呼ばれている。

研究チームは100万を超えるレシピのデータベースを構築。食材についての情報を収集し、ニューラルネットワークを訓練した。AIは現在、画像からパターンを発見し、料理とレシピを結びつけるために使用されている。画像から小麦粉、卵、バターのようなさまざまな成分を特定でき、似たような料理のレシピを示唆することもできる。

現時点でPic2Recipe の精度はおよそ65%とのこと。料理の種類は星の数ほどあるので、AIアプリがそのすべてを認識することは、まだまだできないようだ。それでも、より多くの訓練を受ければ、将来的に精度が改善されていくかもしれない。

なお、公開されているPic2Recipeに「寿司」や「牛丼」の写真データを入力してみたところ「No matches」と表示された。日本食に関しては、まだまだデータが足りていないと思われる。とはいえ、AIを使ったレシピアプリ=食品認識アプリケーションというアイデアはユニークなだけに、日本料理版の登場や、スマホアプリとしてのリリースが待ち遠しいところだ。また今後は、アレルギーチェックなど「食と健康」に関連する他の用途にも使い方が展開されていくことに期待したい。

マイクロソフトがAIナレーションアプリをリリース

ところで、2017年7月にリリースされた注目のAIアプリに、マイクロソフトの「Seeing AI」がある。これは、「AIナレーションアプリ」という名称でカテゴライズされており、スマホに映った動画や映像を解析し、対象の情報をユーザーに音声で知らせてくれるというアプリだ。Seeing AIが解析してくれる対象は、人物、テキスト、モノ(商品)などさまざま。例えば、友達にカメラを向ければ、その友達の年齢や感情(笑っているのか、泣いているのか)などをユーザーに教えてくれる。また、商品にカメラを向ければ、その対象の細かいデータを知らせてくれる。

Seeing AI は、目が不自由なユーザーの生活を支援するといった機能的側面が強調されているが、一般ユーザーにとってもメリットは少なくないはずだ。例えば、記事に動画を向ければ読み上げてくれるので、ニュースを多く読む人たちには手放せないアプリになるかもしれない。また同アプリはネットに接続していなくても使えるという点でも特筆すべきだろう。

なおSeeing AIはiOS版がリリースされているが、現在は米国など海外ストアでのみダウンロードが可能。他地域でのリリース計画は未定となっている。

AI関連のテクノロジーがさらにコモディティ化していけば、アプリという親しみやすい形で世に普及していく可能性が高い。ユーザーの生活を豊かにするAIアプリは、どのような形で登場してくるのか。ブレイクスルーや新たなアイデアの登場から目が離せない。