2017年「ビックデータ元年」になるか…データ販売に世界的な商機

「改正個人情報保護法」と「ビックデータ元年」

2017年5月30日に「改正個人情報保護法」が施行され、今年は「ビックデータ元年」になるとの期待が高まっている。改正法のポイントはいくつかあるが、まず「個人情報」の定義が明確になったことは大きな変化だろう。

改正法では「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの」を個人情報として扱うべきだと規定している。具体的には「氏名」「性別」などに始まり、「住所」「年収」「家族構成」、またショッピングにおける「購入履歴」「指紋」「マイナンバー」「歩行動作」「位置情報」「ウェブの閲覧履歴」などが含まる。一方、「人種」「病歴」「犯罪歴」などは「要配慮個人情報」と定義され、より厳密な扱いを義務付けられることになった。

改正法におけるポイント2つ目は、取り扱う個人情報の数が5000件以下の「小規模取扱事業者」も法律適用の対象となるという点だ。つまり、「件数要件」が撤廃となった。今後、個人情報を扱う企業は、小規模といえども法律に準拠する必要がある。その他にも、改正法では「利用目的の明示」、「第三者提供の際の本人同意」など、個人情報を活用するにあたっての義務が細かく定められた。

一方で「匿名加工情報」、つまり個人情報を復元できないように加工さえすれば、一定の条件を満たすことで第三者に提供することも可能になるとされた。例えば、個人情報を加工したデータを保有する企業が外部に分析を依頼するなどが、そのケースにあたる。

個人情報の「匿名化」とビックデータの利活用

厳密に言えば、日本ではこれまで個人情報や匿名化したデータの販売は法律的に禁止されていなかった。ただ、「個人情報が勝手に使われてしまう」「プライバシー侵害につながる」など国民の拒否感から、利活用が進んでこなかった実情がある。

象徴的なのは、JR東日本が「Suica」の乗降履歴データを日立製作所に販売しようとした事例だろう。2013年当時、JR東日本は市場調査の目的でデータを販売したが、それに対して利用者の苦情が相次いだ。JR東日本側は、個人を特定できないように「匿名化」していると説明を続けたものの、最終的に契約解除に追い込まれる騒動に発展してしまった。

なお、今回の法改正後も、「匿名化」はひとつの焦点になっている。というのも、どの程度まで加工すれば「匿名化」が達成されたことになるのか、定められた基準がないことを不安視する声があがりはめているのだ。企業が「匿名化」したと思っても、不十分という指摘が出てくれば、またJR東日本のような騒動に発展しかねない。ここは「法律」よりも「民意」の問題。企業としては利活用したくとも、「曖昧な基準」のせいで二の足を踏みざるを得ない状況があるという。「毎日新聞」(電子版2017年5月28日付)には、次のような指摘もあった。

<個人情報保護に詳しいコンサルタント業の佐藤慶浩氏は「どこまで加工すれば十分安全になるのかの基準を、あらゆる用途に共通で示すのは無理だ。匿名加工情報の利用は当面、(専門的な)データ収集業者などに限られ、一般企業は手を出しにくいのではないか」と話す>(前掲記事より引用)

とはいえ、ビックデータを利活用していくことは、企業のビジネスを成功に導く上で不可欠とさえ言われ始めている。ビックデータとAIから生み出されるさまざまな知見は、企業の競争力の源泉となる。逆に利活用を進められない企業は、ライバルたちに大きくリードを許してしまうことになるはずだ。加えて、海外ではビックデータ販売をビジネスの主軸におこうとする企業の動きがある。つまり、ビックデータそのものを「メイン商材」にしようというものだ。

データ販売事業に転身する世界の企業たち

2017年7月、米iRobotがビックデータの販売に言及してちょっとした騒動になった。掃除ロボット「ルンバ」で収集した情報を、外部に販売していく計画について示唆したのだ。ルンバが収集したビックデータとは、部屋の大きさ、インテリア間の距離など物理空間に関するもの。「ロイター通信」(電子版)は、iRobotの方針について次のように解説・予想している。

<自動掃除機に過ぎないルンバがデータ収集の最先端機器に大化けするかもしれない。(中略)アイロボットのコリン・アングル最高経営責任者によると、スマートホーム向けの照明器具、温度調節装置、セキュリティー用カメラなどが既に市場に出回っているが、いずれも室内の物理的環境の把握という点では無力。しかし、ルンバの最上位機種に搭載されたマッピング技術で状況が一変する可能性があるという>(2017年7月26日付)

iRobotは今後、数年以内にアマゾン、アップル、Googleのうち1社以上と、マッピング情報の売却で合意に達する可能性があるとも示唆されている。ハードウェアを開発・販売する企業だったiRobotが、今後はデータ販売企業としての一面も持ち始めるということになりそうだ。

実はiRobotのようなデータ販売の動きは、世界では珍しいものではない。3年前の段階で、米マスターカードもビックデータ販売の潜在力について言及している。同社はクレジットカードの利用履歴から読み取れる顧客の消費パターンを、小売業者、銀行、政府などに販売。その売り上げ額が急激に増加していると当時、明らかにしていた。詳細は定かではないが、データを販売する際には「匿名化」を施しているというのが同社側の説明だった。

日本では、楽天と電通が8月に入って合弁会社「楽天データマーケティング株式会社」を設立している。同社はビックデータを利用した販促サービスを提供していく予定だ。また8月上旬には、三井住友フィナンシャルグループとヤフーが顧客のデータ分析で提携。金融商品の提案・開発を行っていく旨を明かしている。2017年は、名実ともに日本の「ビックデータ元年」となるのか。各企業のダイナミックな動きに期待したい。