AI・ロボット時代に新しく生まれる仕事と職種とは

国連も危惧する自動化による大量失業

高度に発達した人工知能(AI)やロボットの登場・普及は、人間から多くの仕事を奪っていく――ディープラーニングの発明などにより第3次人工知能ブームが始まって以降、こののテーゼは、多くのメディアや研究機関から、根拠となる統計データとともに途絶えることなく語られ続けてきた。消えてなくなる職類を予想し、ひとつひとつ具体的に列挙したデータも多い。

雇用に懸念を表明するデータや報道を挙げていけば枚挙に暇がないが、なかでも国連の動きは象徴的だ。

海外メディアによって、国連がAIおよびロボットの導入による大量失業や自律兵器の拡散を監視する常設組織「人工知能・ロボットセンター(Centre for Artificial Inteligence and Robotics)」を設立すると明らかにされたのは2017年9月のこと。国連は2017年初めにオランダ政府と協定を締結。今後、同国の都市・ハーグにその常設組織を設置する計画だという。

国連の関連組織はこれまでも、人工知能に関するプロジェクトをいくつか推進してきたが、どれも一時的な取り組みに過ぎなかったという。一方、今回の常設組織は、それら活動とは一線を画す本格的な取り組みを目指すために設立されると説明されている。

国連などが懸念するように、AIおよびロボットの普及による大量失業は本当に起こるのだろうか。その結末は「神のみぞ知るところ」だが、現在の議論を見るに不安を煽る方向に偏りがあることも否定できない。なくなる仕事に議論が集中するあまり、テクノロジーの発展によって増えたり、もしくは新しく生まれる仕事については、ほとんどフォーカスされていないのだ。そこでここでは、AI・ロボット時代に増加、もしくは新たに生まれると予想される仕事を検証してみることにしたい。

数多くのエンジニアやデザイナーが必要になってくる

まず、人工知能(AI)やロボット、IoT端末(ドローンや自動走行車なども含む)が活躍する未来においては「イメージ感知」の精度を上げるためのセンシング(Sensing)技術を開発・活用する仕事の需要が増えるだろう。AIを搭載したハードウェアが正しく動作するためには、周辺の人々、障害物、状況などさまざまなデータを正確に把握・検出・収集する必要がある。

そうなると、悪天候や深夜などの条件に捉われない高感度センサーを開発する「スマートセンサー開発者」や、各種映像データを認識・解釈するためのアルゴリズムを開発する「コンピューターによる認識技術のスペシャリスト」が必要になってくる。同じ「イメージ感知」の分野で言えば、3DプリンタやVR技術に長けた「モノ・空間スキャンの専門家」が登場するかもしれない。彼らは、現実をデジタルに、またデジタル情報を現実に変換する役割を担うことになるだろう。

第二に、機械が人間の介入なしに自律的にものごとを判断できるようにすること、つまり「機械の知能化」に関連した仕事が増えるとも予想できる。未来においては、これまでとは比較にならない膨大な量のビックデータが生まれると言われている。それらを人間がひとつひとつ収集し、細かく分析していくことは事実上不可能だ。それよりも、機械を知能化させて効果的かつ効率的に使いこなす方法を生み出す仕事が必要になる。

例えば、「生成的AIデザイナー」といったような職業が生まれるかもしれない。彼らが開発するのは、ビックデータを基に最適化された製品の強度、柔軟性、サイズなどを自律的にデザインしてくれるソフトウェアだ。生成的AIデザイナーは、それら知能化されたツールを駆使して、ユーザーの好みや使用環境に合わせた電子製品、自動車、スポーツ用品などデザインしていく。

金融分野では、「P2Pローンの専門家」も登場するかもしれない。彼らは借り入れ希望者の所得、不動産、金融取引実績のほか、SNS、ローン申込書の文章特性などを人工知能に分析させ、その信用力を評価することで、融資審査や金利を決定する役割を担うことになるだろう。一方、製造業などの現場では、AIに設備の異常予兆を検知させる「予測修理エンジニア」の登場も現実的に想定できる。彼の仕事は、故障前にメンテナンスを行い企業の設備稼働率を向上させることだ。

AI・ロボット時代にはまた、正確かつ直感的に機械を制御するための「ユーザーインターフェイス(UI)」分野でも、新たな仕事が生まれるだろう。スマートフォンが普及し、音声や画面タッチを通じて機械を操作することが普通になったように、あらゆるモノが知能化される未来においては、同分野の技術革新が再び活発になると予想される。

職人の技術をどうAIやロボットに教えるか

そのような文脈で見たときには、「五感制御の専門家」が登場するのはまず間違いない。その仕事の中身は、五感で仮想現実を体験する技術、もしくは仮想空間内のものを違和感なく操作するための技術を開発していくというものになるだろう。

産業用ロボット分野では、「ロボットトレーナー」も必要になってくるかもしれない。ロボットがこなすべきタスクを教育・訓練して、現場で運用していく職業だ。日本のある大手自動車企業の幹部は、AI Lab編集部の取材に対して次のように話した。

「日本の自動車製造の現場では、職人不足が問題となっています。言い換えれば、技術をどう伝承していくかという課題が浮上してきているわけですが、将来的には、数少ない職人の技術を複数のロボットに教え込んでいくという方向性が重要になってくると思います」

ここで挙げた例以外にも、新たに生まれる仕事はきっと多いはず。視点を変えれば、新たな仕事が生まれなければ、真のAI・ロボット時代は拓かれないともいえる。当然のことかもしれないが、いかに機械が知能化すると言えども、それを生み出したり、利用するのはあくまで人間だからだ。

仮に新しい職業が生まれるとして、課題として浮上しそうなのは教育問題ではないだろうか。AI・ロボット時代に即した人材像をきちんと想定し、そこに向かって国や企業、そして個人が時間や予算を投じてこそ、新しい職業は現実的なものになってくる。つまり「仕事が生まれる」のではなく、「仕事を生み出す」ためのグランドデザインが必要不可欠だ。世界中で語られる大量失業というバットエンディングを回避するためにも、人間の仕事の具体的な未来像を見据える努力が問われている。