【CES2018】自律走行とAI連携で激変する自動車

CES2018で披露された次世代の自動走行車

2018年1月9日に開幕した世界最大の家電博覧会「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES2018)」では、各自動車メーカーが入念に準備を進めてきた自律走行関連の展示やコンセプトが数多く披露された。ほんの数年前まで、自動走行車はSFの世界の移動手段だと考えられてきた。しかし、現在では実現までのカウントダウンが始まっており、各企業は次の一手を仕掛けようと鎬を削っている。

今回のCESでは自律走行に関する技術だけではなく、実際に道を走るようになった自律走行車やコネクテッドカーを想定して、どのようなビジネスを展開できるか、また経済・社会的にどんなインパクトをもたらすことができるかという問いに焦点が合わされ始めていた。

会場ではまず、多くの自動車メーカーが「オンデマンド型の自律走行車」とその車が道路を走る「未来都市」のコンセプトを提示。なかでも日本の自動車メーカー・トヨタの構想が多くの注目を浴びた。

トヨタの豊田章男社長は、プレスカンファレンスを通じて次世代EV自律走行車「e-Palette」のコンセプトモデルを披露。同車はその時々の注文(オンデマンド)に応じて車両をシェアしたり、用途に合わせて活用することができるものだという。例えば、ひとつのe-Paletteを午前中には共有車両、午後には配達として利用するなど24時間にわたり柔軟に使い分けることができる。

豊田社長のプレゼンは事実上、車体そのものというよりは「ビジネスモデル」を提示した形となった。今後、アマゾン、ピザハット、中国のシェアリングカーサービスの滴滴出行、マツダなどとともに、2020年代の初めからe-Paletteの本格的なテストを始める計画だという。

一方、米自動車部品大手のコンチネンタルはカスタマイズ型の小型EV自律走行車「BEE(Balanced Economcy and Ecology mobility concept)」を、2017年のフランクフルトモーターショーに続き再展示。BEEはe-Palette同様、複数の用途で活用したり、また数台を結合し利用することができる。加えて、スマート機器のアプリケーションを通じて必要な場所に呼んで利用することも可能だ。ホンダも小型自律走行モビリティ「3E-C18」「3E-D18」などを紹介。レジャーや火災鎮圧、建設部門など複数の用途で活用可能であると強調した。

自動車が脳波や心拍数まで感知… AIとの連携も進む

CES2018の自動車部門では、先端的な「ヒューマン-マシンインターフェイス(HMI)」技術も多く紹介された。

まず、韓国・ヒュンダイ自動車は、運転手と自動車が緊密に相互作用できる「インテリジェント・パーソナル・コクピット(以下、コックピット)」を展示した。これは自分の名前や身長などの情報を入力すると、ハンドルを握る瞬間に運転者の心拍数やストレス指数などを分析し知らせてくれるというものだ。仮に健康状態に問題がある場合は、病院にビデオ通話を繋ぎ相談を受けることもできる。スマートホームの機能を、自動車の中でも使えるようにしたと理解すればわかりやすいかもしれない。

なおコックピットには、ヒュンダイ自動車のAI音声認識アシスタント技術や、運転者の生体情報を分析するウェルネスケア(Wellness Care)技術、運転者に最適化された運転空間を提供する車両パーソナライズ技術などが集約・採用されている。

一方、日産は自動車が運転者の脳波を感知・分析した後に、車体を自ら制御するというレベルの相互作用システム「ブレイン・トゥ・ビークル(Brain-to-Vehicle、B2V)」を披露した。同技術は、脳の画像を解読する技術を採用しており、運転手がハンドルを回すタイミングや、アクセルを踏む直前の脳信号(脳波)を解読。その反応時間を短縮できるように、運転支援システムを作動させるというものだ。また、運転者の不快感をAIが感知して、走行設定を適切に変えるなどの機能も含まれている。

なお今回のCESでは自動車メーカーだけでなく、電子機器メーカーである韓国・サムスン電子もスマートコックピットを披露している。サムスン電子と米オーディアメーカー・Harmanが共同開発したデジタルコックピットは、移動中にAIアシスタント「Bixby」を通じて声で車両を制御したり、家の中の家電機器を動作させることができるとされている。

これまで、ディープラーニングなど人工知能は主に、自動運転の「認知能力」の向上に資すると期待されてきた。より具体的に言えば、歩行者・車両・車線・標識などを見つける「検出技術」、車両・歩行者など動くものを追う「追跡技術」、追跡した情報を利用した「追突予測技術」、車線や車体位置などの測位情報をベースにした「経路計画技術」などがそれにあたる。

ただ今回のCESを見る限り、自動走行車を自動走行車たらしめる基本的な技術に加えて、運転者の安全性や利便性、娯楽性をより向上させるための領域でも活用され始めようとしている。2019年を迎える頃には、自律走行車とそこに搭載されたAIがどこまで発展を遂げているのだろうか。その成長がとても楽しみだ。