2018年のAI最新動向 注目すべき6つのテック・トレンド

複合現実とブロックチェーン…開花の年となるか。

2018年のAI(人工知能)に絡んだテック・トレンドには、どのようなものが挙げられているのだろうか。その主要なものをここでいくつか紹介したい。

2018年のテック・トレンドとして各国メディアによって頻繁に取り上げられているキーワードのひとつに、「複合現実(Mixed Reality)」がある。2016年には、ポケモンGOなどARゲームが世界的な成功をおさめたが、2017年はあまり大きな進展はないように思えた。しかし、仮想現実と拡張現実、そして複合現実は世界的に見ればまだまだ発展段階にあると言われている。2018年をメドに人工知能技術の導入が進み、サービスが知能化されていけば、複合現実への関心はさらに高まっていくものと考えられている。

次に注目を浴びているのが「ブロックチェーン(Block Chain)」だ。ブロックチェーンは、参加者同士が情報を安全かつ容易に共同管理できる脱中央集権的な台帳システム。言い換えれば、データや情報を分散保存することで安全かつ効率的に管理できるため、仲介者や管理者の必要がなくなる。そもそもブロックチェーンと言えば仮想通貨を連想させられるが、その適用範囲は金融分野にとどまらない。保険や不動産、契約業務、イベントなどあらゆる分野で活用可能で、海外ではCivilというブロックチェーン技術を使った新たなジャーナリズムの試みも始まっている。2017年はブロックチェーンへの関心が集中した年になったが、2018年はより実践的なビジネスモデルが本格的に登場するかもしれない。

モノ・設備・モビリティのデジタル化が進展

3つ目のキーワードは「IoT化の普及進展」。つまり、オフラインで稼働してきたモノや設備のデジタル移行が加速するというものだ。こうした動きと連動して、4つ目に注目されているのが「サイバーセキュリティ(Cyber Security)」で、その重要性が喚起されるはずである。インターネット時代のサイバー犯罪は、主に個人情報を狙ったものだったが、IoT時代にはより直接的にお金(仮想通貨ハッキング)や、物理的財産(スマートホームや工場など)を狙ったものが増える能性がある。ビジネスの現場においてオンライン・オフライン両方の融合が進むなか、ハッキングから資産を守るためのセキュリティ技術への関心はさらに高まるだろう。なお、2018年はAiが主体となってサイバー犯罪を実行し、それを別のAIが防ぐという、AI同士の対決に主軸が移りそうだ。

5つ目のキーワードは、モビリティ革命(Mobility Evolution)だ。自律走行車やドローンなどすべてのモビリティ手段が、2018年を境によりデジタル化されていくはずである。既存の自動車などモビリティ手段(現在、既存の自動車は世界で約10億台存在する)が、一度になくなっていくというのは現実的には考えられないが、自律走行車のテストや実用化は少しずつ、確実に進んでいる。各半導体企業も、センシング技術を獲得するための買収に拍車をかけており、マシンラーニングなどAI関連の研究も加速している。そしてモビリティのデジタル化は、単なるデジタル化以上の意義を持つ可能性がある。「CES2018」でトヨタなどが発表した内容などを踏まえれば、自律走行車の普及は、モビリティ手段を「所有」するという観念から「共有」するという観念に向かわせるはずだ。新たなモビリティの登場が、経済の固定観念を揺るがす流れが続くだろう。

情報・データと人々の関りも変貌していく

6つ目は「コンテンツ・アズ・データ(Content as Data)」だ。ここ数年、ビックデータなどの活用が注目を集めているが、2018年以降もその流れは続くはずである。インテルCEOのブライアン・クルザニッチは「データは次世代のオイル」と表現したことがある。データをコンテンツと結合させた新たなビジネスモデルおよび活用例がさらに生まれてくると予想されている。

その他にも、情報とユーザの関係性を変える「ダイレクトメッセージ(Direct Message)」や、労働スペースのイノベーションと関連した「ワークスペースウォー(Work Space Wars)」なども、話題のキーワードとして注目を集めている。前者は、メディアやエージェンシーの役割が縮小され、人々が一次情報に接近しやすい社会になることを意味する。前述したブロックチェーンを適用したジャーナリズムの例でも明らかにように、発信者と受信者が直接コミュニケーションできるチャンネルが増えていくというものだ。後者は、車の共有であるカーシェアリングに続き、ワークスペースの共有およびイノベーションが本格的に起こるというものだ。結果、コ・ワーキングスペース市場の成長が加速すると考えられている。

人工知能技術は、上に挙げたさまざまなトレンドを支える重要な中心技術になることは言うまでもない。AIそのものが2018年にどのような発展を遂げるかも、併せて注目したい。